花と女子

京都のデリヘルが私の生甲斐

京美人という独特の響きに憧れを抱いたのは、小説の中で京都弁と京都のデリヘル嬢の特色を美しく描いた作品を呼んだのがきっかけでした。美しい話の中にもディテイルの鮮明な性描写があり、恋愛経験もなければこれからできる自信もない私は、悶々としつつ、いつか京都の風俗店で欲望を満たすことばかり考えていました。
初めて京都のデリヘルを利用したのは一年前、すっかりハマって京都に移り住んでからは、毎月通い詰めるようになりました。何のために働いているのかと問われれば、デリヘルのためと今なら即答できるくらい、自分にとって生甲斐となりました。はんなりとはよく表現したもので、まさしくそのような柔らかい雰囲気のデリヘル嬢と京都弁に、優しく攻められる以上に気持ちの良いものなど、この世に存在しないと確信しています。
どこか気高いような芯の強さも感じさせる、時折見せる刺さるような視線に見守られながら、絶頂へと登りつめるべく雪のように白い肌に身を委ねるだけの時間は、このまま逝ってしまってもいいと不謹慎にも思ってしまうほど、果てしなく遠くまで連れて行ってくれる感があります。優しい京都弁とチュポチュポという可愛らしい擦り音、そして自分の吐息しか聞こえない部屋で過ごす時間は、京都の観光ガイドに載っている名所よりも癒してくれます。

デリヘルを楽しむためのホテル選び

デリヘルを利用するきっかけは人それぞれですが、出張中などは特に寂しくなりがちなためデリヘリの利用率がかなり高いと言われています。とはいえビジネスホテルの多くがデリヘル利用を禁止しているため、利用の際には気をつけてホテルを選ばなければいけません。また、お金が惜しいと感じてあまりボロいホテルにしてはいけません。そのようなホテルには大抵水回りに不備がありますし、部屋が狭く汚らしければデリヘ…

More Details

インフォメーション

TOP